片付けるコツ

お風呂も片付けて大変身

スポンサード リンク

 

お風呂を片付けると、気持ちいい〜

 

お風呂も片付けて大変身。一度大掃除をしてしまえば、あとはちょこちょこお掃除で快適なバスルームを保つことが出来ます。ゆったりとくつろいで、一日の疲れを流す、気持ちいいお風呂に生まれ変わらせましょう。

 

お風呂は特に、要らないモノを置いてしまうと掃除がし難くなり、結果としてカビを発生させることになってしまいます。もう使わないシャンプーやコンディショナーなどが、なんとなく置いてあったら、処分しましょう。風呂椅子や、おけなども、最小限にします。お風呂場の中で保管しなくてもいいものは、お風呂場から出してしまいます。

 

お風呂の大掃除、といえばカビ退治。まったくカビのないお風呂の方が珍しいぐらい、お風呂はカビがはえてしまう場所です。湿気があり、春から秋にかけてなら温度もそこそこ、栄養になるモノもあるので、どこからかやってきたカビが住み着いて繁殖を始めると、出ていってくれません。カビを発見してすぐなら、軽くこするだけで落とすことが出来ますが、しばらく放置してしまうと、タイルの目地、ドアや窓のパッキン部分などに、落とせない黒いしみを作ってしまいます。

 

お風呂のカビの落とし方

このカビのシミ、なかなか落とせないんですが、この↓ゼリー状のカビ取り剤で、かなりのレベルまで落とすことが出来ます。ちょっと使い方にコツがありますから、メモしておいて、最大に効果を引き出して使ってください。

 


ゼリー状で飛び散らないタイルの目地や窓枠にカビトルデス強力タイプ赤色

 

必ず窓を開けるか、換気扇をまわしながら作業します。

 

まず、対象になる場所を、ブラシやスポンジなどで、できる限りきれいにします。水滴を拭き取り、できればドライヤーで水分をすっかり飛ばします。そこに、ゼリー状のカビ取り剤を薄く塗り、すぐにラップで覆います。そのまま半日から一日、放置してから、水で洗い流します。

 

ほとんどの場合、これでカビのシミはきれいに取れます。これでも取れないときは、同じことをもう一度繰り返してみます。それでもだめなら、もうあきらめるしかありません。サッシのコーキングや、バスタブと壁の間のコーキングなどは、カッターナイフなどを使って、一度キレイにはがして、新しくコーキングし直すとサッパリします。ホームセンターなどで、チューブ入りのコーキング剤↓を探してみましょう。

 


コーキング剤(白)【チューブ式 スーパーコークノンブリード】

 

お風呂は換気扇でカビ予防

カビがはえてしまってから、手間を掛けて、お金を掛けてカビを落とす努力をするより、カビが生えないようにする方がず〜っと簡単です。

 

お風呂に、換気扇がついていますね?あれは、24時間、回しっぱなしにするのが、カビを予防するのに効果抜群です。出入り口のドアは、必ず開けておいてください。もし窓があったら、お風呂から上がって3時間ほどは換気扇をまわして、その後で窓を全開にしておいても大丈夫です。しめった空気が溜まって、カビが喜ぶのを防ぎましょう。

 

お風呂の換気扇は、たいていの場合、消費電力が10w程度です。これだと、24時間回しっぱなしにしても、1ヶ月の電気料金は、160円ちょっとです。カビ取りにかかるお金や手間を考えると、換気扇を回してカビを予防する方が安上がりで、清潔です。

 

ただし、換気扇を24時間回しっぱなしにしておいても、それだけで完全にカビを防ぐことは出来ません。日頃の「ちょこちょこ掃除」が一番効果的で、これに勝るものはありません。ときどき、お風呂に入るときに、小さい入れ物に重曹を入れたのと、小さく切ったメラミンスポンジと、掃除用のスポンジ、ブラシを持って入ります。入浴中に、気が付いたところをちょこちょこっと掃除します。

 

洗面器などは、スポンジに重曹をつけてこすると、重曹の軽い研磨剤効果でつるつるピカピカになります。水栓金具も、重曹で磨くと輝きを取り戻します。最後に、余った重曹を床にまいて、ブラシでこすっておきましょう。重曹はアルカリ性ですから、床の凸凹に入り込んだ石けんカスなど、カビの栄養になる前にキレイに落としておくことが出来ます。

 

お風呂から出るときに、掃除道具を持って出ます。バスルームに掃除道具を置きっぱなしにすると、カビの原因になるので置きっぱなしにしません。

 

カビがはえてから掃除をする習慣から、カビがはえないように手入れをする習慣に、自分で自分に躾をするつもりでやりましょう。一度習慣になってしまえば、それほど大げさなことではないことがわかるでしょう。

 

清潔で、不安な場所がどこにもない、ピカピカつるつるのバスルームで、一日の疲れを洗い流す。ときにはキャンドルをたいて、好きな香りを漂わせて入浴する‥‥心からくつろげます。私は、温泉に行くより、自分の家のお風呂の方が大好きになりました。

 

  • 「片付いた部屋の維持」に続く
  • お気に入りに追加

    プライバシーポリシー


    ホーム RSS購読 サイトマップ
    片付かない本当の理由 大掃除のコツ 掃除道具 片付け図書館 片付けQアンドA