片付けるコツ

捨てちゃいたい

スポンサード リンク

捨てるとどうなる?

 

当然ですが、お部屋がスッキリします。見違えるようになります。

 

もし散らかっても、片付けるのがとても簡単になります。

 

掃除もとても楽になります。

 

掃除機だってすぐかけられるから、掃除がおっくうじゃなくなります。

 

いろんなことが、スピーディーにすいすい出来るようになります。

 

物を見失って探すことがなくなります。

 

探し物に費やしていた時間を、なにか他の楽しいことに使えるようになります。

 

失くし物、忘れ物をしなくなって、自分に自信がついてきます

 

自分には何が必要で、何が不要なのか、わかるようになります。余分な物を、自分の物にしようとしなくなるから、お金が貯まります

 

ついでに、頭の中や人間関係まで自然と整理がつき、スッキリ片付いて整ってきます

 

なんだか身軽になり、気持ちが落ち着いて、正体のわからないストレスに悩まされることがなくなります

 

やらなければならないことがたくさんあるのに、どこから手を付けていいかわからなくてイライラする、ことがなくなります。

 

やるべきことはきちんとこなして、そのうえで、次はどんな楽しいことをしようか、と考える余裕が出てきます。イライラしていた頃とは別人です。

捨ててスッキリ!

もしも、ものが減らせたら‥‥いい事ずくめですね!

 

減らす覚悟はつきましたか?

 

覚悟が決まれば、もう、半分は終わったようなものです!

 

自分が、余裕を持って管理できるところまで、持ち物の量を減らすのを、目標にしましょう。

 

整理整頓は、物をしまい込み、溜め込むことではありません。まず、要らない物は処分して、要る物はルールを決めて整えます。

 

整理整頓のルールの原則は、よく使う物を、使いやすい場所に、 です。一番よく使うものを、一番使いやすい、一番取り出しやすい場所に置くことにするのです。二番目によく使うものは、二番目に取り出しやすい場所に。使う場所のすぐそばに定位置を決めてやれば、使った後で戻すのも簡単です。

 

言うまでもないことですが、誰でもいつかは必ず死にます。持ち時間は限られています。片付かなくて、自分のダメさ加減に凹んだり、イライラして過ごすより、せっかくの時間を、より良く楽しむために、工夫しましょう。きっと出来ます。

 

 

やり遂げたなら、どんなに清々しいか!

 

わたしには、他の何をやり遂げたときよりもずっと、晴れ晴れと清々しい経験でした。

 

ヤケクソになって捨てるのはよくありませんが‥‥場合によっては、モチベーションが下がってしまう前にかたを付ける、という意味でその方がいいことがあります。

 

不要、と判断したモノの中で、まだ誰かが喜んで使ってくれそうなモノがあったら、基本的にはリサイクルショップに持ち込んだり、ネットオークションに出品したりして手放すのがいいでしょうが、時間が掛かってしまって、モチベーションが下がる危険があります。モチベーションが下がってしまうくらいなら、捨ててしまった方がいいかも知れません。私も、ゴメンナサイ、ゴメンナサイ、と繰り返しながら、たくさん捨てました。

 

どうしても捨てるのがいやだったら、ゴミにしてしまうのがしのびなかったら、アメリカで言うところのガレッジセールみたいに、「必要なものがあれば、どうぞお持ち帰りください」と書いた箱に入れて、家の前に置いておく‥‥という荒技もあります。

 

「片付けたい!」という勢いが衰えないうちに、一気にかたを付けてしまいましょう!

 

  • 「片付け実践編〜7つのキモ」に続く
  • お気に入りに追加

    プライバシーポリシー


    ホーム RSS購読 サイトマップ
    片付かない本当の理由 大掃除のコツ 掃除道具 片付け図書館 片付けQアンドA