片付けるコツ

キッチンを整然と片付けるコツ

スポンサード リンク

 

キッチンのゴチャゴチャ解消のコツ

 

キッチンって、ゴチャゴチャになりやすい場所ですよね〜。

 

たいていのキッチンには、シンクの下の収納とか、上には吊り戸棚とか、背中には食器棚とか、冷蔵庫とか、収納場所もあちこちにあるし、頑張れば何とかなりそうな気がしますが‥‥やみくもに頑張ったって、すぐまたゴチャゴチャになってしまうので、取りかかる前にしっかり方針を決めてから、片付けにとりかかりましょう。

 

一度に全部やっつけようと思うと負担になるので、たとえば、「今日は冷蔵庫」とか「今日は食器棚」とか、細かく分けて片付ければ、いちいち達成感があるので挫折しにくいですよ。

 

手強そうなところは後回しにして‥‥まずは、一番弱そうな、一番なんとかなりそうなところから手を付けましょうよ。

 

冷蔵庫かな?食器棚かも?

 

冷蔵庫を片付けるコツ

キッチンのゴチャゴチャ、原因は何でしょう?

 

キッチンにあるのは、すべて「食べる」関係、「食べるつながり」のものばかりのハズだから、系統立ててグループ分けするのは簡単なはず〜。うーん、そのわりに、収拾のつかない、激しいカオスが展開されていることが多いのはどうしてなんだろう。

 

これはつまり、収納の大きさに対して、物の量が多すぎることによる症状‥‥単純ですね。

 

たとえば冷蔵庫。保存食品や、ドレッシング、タレ類など、「もう食べられないもの」または、「もう食べないもの」はひとつも入っていませんか?それらを取りだして処分するだけで、冷蔵庫に隙間が出来ませんか?

 

もし、食べ物を買い込みすぎて、食べきらないうちに古くしてしまうことが多いようなら、お腹を空かしてスーパーマーケットに足を踏み入れない、予算を決めて買い物をする、などの工夫が必要です。

 

もし、戴き物が多くて、食べきらないことが多い、とわかったら、よそからいただき物をしたらすぐに、誰かのところに回してしまうようにします。

 

そして、冷蔵庫を開けたときに、冷蔵庫の中に隙間があって、どこに何が入っているか、一目瞭然でわかるようになっていると、ついうっかり古くしてしまって無駄にする、ということがなくなります。

 

もし、保存食品を買い込みすぎて、食べないうちに古くしてしまうようなら、保存食品の保管場所を見直します。今までの保管場所は、大きすぎて、たくさん入りすぎたのです。ちょうどいい大きさに設定し直しましょう。そして、入りきらないほどたくさん保存しないことにしましょう。

 

やってみるとわかりますが、たったこれぐらいのことで、そうとうストレスが軽減されて、「やれば出来るじゃないの〜」と自信が沸いてきます。単純ですね〜!

食器棚や吊り戸棚を片付けるコツ

たとえば、食器棚。食器がギュウギュウ詰めになっていると、使いにくいですよね。適度な隙間が必要なんです。これは、主に自分に向かって言い聞かせているんですが、入れれば入るからといって、パズルみたいに詰め込んではいけません。ちょっと食器を減らしてみましょう。

 

食器棚がギュウ詰めになる原因のひとつに、和食器、洋食器が混在していることがあります。組み合わせて使おうとすると、なんだか違和感があるんですね。それで、ついつい、和食器と洋食器の両方を、フルセットで持ってしまったりします。

 

この際ですから、どちらかに決めてしまいましょう。我が家の食卓には、和食器と洋食器、どちらが馴染むのか、または、どちらが登場回数が多いのか。登場の機会が少ない食器は、処分してしまっていいかも知れません。

 

もし食器がお好きで、大量にお持ちなら、常に食器棚を満杯にしておくよりも、食器を「夏用」と「冬用」に分けて、半分ずつ使うようにすると、半年に一度の入れ替えで気分も変わり、新しい食器をどんどん買い込まなくてもいいようになるかもしれません。もっとたくさんお持ちなら、春夏秋冬、四つに分けたらステキですね〜。いいなぁ〜。

 

次に、お鍋やフライパンの数も、ちょうどいいかどうか、点検しましょう。ざるやボウル、お玉や菜箸などの調理用器具類も、多すぎないか点検しましょう。滅多に使わない道具、単一機能の道具は、置き場所に困るぐらいなら要りませんよね‥‥いらないかも知れない道具類を、一度キッチンの外に出してみてください。どうでしょう?キッチンはスッキリ片付きましたか?スッキリ片付いたキッチンが気に入ったら、取りだした道具類は泣きながら処分しましょう。

 

誰か、貰ってくれる人がいると嬉しいんですけどね。

 

  • 「大掃除のコツ」に続く
  •  

    お気に入りに追加

    プライバシーポリシー


    ホーム RSS購読 サイトマップ
    片付かない本当の理由 大掃除のコツ 掃除道具 片付け図書館 片付けQアンドA