片付けるコツ

片付けたい

スポンサード リンク

片付けたいから

 

壁に棚を作ったり、引き出しやカラーボックスを買ってきて、物をそこにしまう。

 

まだ片付かない。

 

箱やカゴを用意して、とりあえずその中に物を入れる。

 

収納のカリスマのアドバイス通り、収納家具を手作りして、物をしまう。

 

まだ片付かない。

 

シンク下や、 吊り戸棚 の中に、棚や仕切り を増設して、物がたくさん入るようにする。

 

押入の中にも、棚を作って、たくさん入るようにする。

 

使わない物は段ボール箱に入れて、物置にしまう。

 

収納スペースを作るためにリフォームする。思い切って増築する。

 

‥‥もちろん収納場所は必要、でも収納場所があっても片付かない‥‥

 

たぶん、どんなに広い家、どんなに収納がたくさんある家に住んでも片付かない気がする。

 

どうして収納場所を増やしても増やしても、また足りなくなるの?

 

せっかく片付けて、床をいっぱい出して、掃除機もかけて拭き掃除もしたのに、すぐまた床がいっぱいになっちゃうのはどういうことなんだろう?

 

きっちり整理整頓して収納したのに、いつの間にか収納場所がスカスカになって、床やテーブルの上が散らかったりするのは、どうしてなの?

 

何が間違っててそうなるんだろう?

収納を増やさないで片付ける

 

収納を増やしても片付かないなら、もう収納は増やさない。

 

むしろ逆に、収納場所を減らしてみる。

 

収納を増やさないで、どうやって片付けるのよ?収納を減らしちゃったら、ものが入り切らなくなるじゃない。

 

でもね‥‥

 

逆説的ですが、どんなに収納場所を増やしても、決して片付きません。

 

収納スペースを増やせば、増やした分だけ、また物が増えていきます。キリがありません。

 

そうではありませんか?

 

それなら、どうすればいいでしょう。

 

万能ではありませんが、経験から、これこそが「キモ」だと言えることがひとつあります。

 

じつは、収納の極意は「モノを減らすこと」なのです。

 

そんなのインチキだ、と怒られるでしょうか。でも、本当のことです。

 

家にある物は、全部大事な物だから、減らすことなんか出来ない、でしょうか。

 

あなたは、あふれるモノに囲まれて、幸せですか?
片付けて、もっとスッキリ暮らしたい、と願っているのではありませんか?

 

ある時、モデルハウスを見に行って「いいなぁ〜、こんなところに暮らしたい」と憧れて、その「いいなぁ〜」の何割か、もしかしたら9割ぐらいは、じつは「そこに余計なモノがなにもない」ことだと気付きました。

 

「でも、アレは現実には人が住んでいないところだから〜!」と自分に言い訳しましたが、ある友だちの家が、モデルハウス並に、モデルハウス以上に、いつ行ってもスッキリ片付いていることも知っていました。

 

そう。やろうと思えば出来るんです、モノの少ない、いさぎよく清々しい部屋に暮らすことが!

 

簡単にはいきませんでした。でも、ものを手放すことが辛かったり、無計画に買い物をしたことを後悔したり、自分のところへ来てしまったばかりにゴミになってしまったモノの無念を感じたり、泣きながら片付けたら、思いがけない変化がありました。

 

それは、長い間ずっとつきまとわれていた、あらゆる日常のストレスが解消してしまったことです。ある日気付いたら、ちっともイライラしてない。眉間のシワが薄くなりました。

 

長い間、日常の一部だったストレスは、必要なものにアクセス出来ないストレス、目の端にホコリのかたまりをキャッチするストレス、忘れ物をするストレス、やらなきゃならないことが沢山あるのに、どこから手を付けていいかわからないストレス、片付かないことを、自分で自分に言い訳するストレス‥‥

 

そして、それらのストレスから解放されるのと同時に、身の回りのいろんなことが、待っていたように、一斉に動き始めました。

 

  • 「捨てちゃいたい」に続く
  •  

    お気に入りに追加

    プライバシーポリシー


    ホーム RSS購読 サイトマップ
    片付かない本当の理由 大掃除のコツ 掃除道具 片付け図書館 片付けQアンドA