片付けるコツ

鍋の焦げ落とし〜重曹とクエン酸で

スポンサード リンク

 

鍋が焦げ付いてしまったら

 

自然現象みたいに言っちゃダメでしたね‥‥お鍋をうっかり焦げ付かせてしまったら。重曹を使って落としましょう。面白いですよ♪

 

たいした焦げ付きではない、レベル1の焦げ付きの場合は、そのお鍋に水を張り、水コップ1杯あたり、重曹を大さじ1〜2入れて、火にかけます。10分ほどぐつぐつ煮てください。そして、冷めるまで放置します。冷めたら、割り箸で焦げをつついてみてください。面白いようにポロポロ取れるようなら、取れるだけ取って、あとはスポンジにクリームクレンザーなどを付けて磨けば、ピカピカ鍋が復活!!

 

もし、アルミのお鍋だと黒く変色しますが、その場合は、水を張ってクエン酸を少々、しばらく煮ると黒ずみはすっかり取れます。クエン酸がなければ、レモンや食酢でもいいです。

 

もうちょっとひどい焦げ付き、レベル2の場合は、レベル1の場合と同じく、水を重曹を入れてグツグツ煮て冷まし、割り箸でつついても、まだ焦げがたくさん残ります。水を捨てて、新しく水を張り、こんどはクエン酸を入れて煮ます。クエン酸は、水コップ1杯あたり大さじ1ぐらい。またそのまま冷まして、割り箸でつついてみてください。取れたでしょう!?あとは、スポンジにクリームクレンザーなどで磨けば復活!

 

そしてレベル3の、ものすごい焦げ付きの場合。もうちょっとで、お鍋がダメになったかもしれないレベルですね。レベル2までの作業の後、乾かして日光に当てます。まる一日ぐらいかな?重曹とクエン酸効果、プラス日光効果で、ペリペリと汚れが剥がれます。もし、それでも落ちなかったら‥‥軽く空焼きしてみて下さい。ただし、これはもう、ダメ元の作業です。お鍋がダメになってしまう危険性がありますから、ダメになってもしょうがない、と思えるときだけにしてくださいね。

 

空焼きで汚れを落とすことが出来れば、ラッキー♪

 

お鍋、フライパンの外側の汚れ落とし

お鍋やフライパンの外側が汚れてしまったら。そのお鍋やフライパンが入る大きさの、大鍋か大ボウル、ありますか?もし、半分しか入らなかったら、半分ずつ作業しても大丈夫です。

 

炭酸塩を使います。

 




すっきり炭酸ソーダ

 

どうしても炭酸塩が手に入らなければ、重曹を使います。重曹の量は、炭酸塩の2〜3倍でやってみてください。重曹を煮ると、炭酸塩と炭酸ガスが出来るはずだからです。

 

水カップ1杯あたり、炭酸塩を大さじ1杯入れて、汚れたお鍋やフライパンを沈めて火にかけて、グツグツと煮込みます。15分ほど煮込んだら、そのまま冷まします。手を入れられる温度になったら、手荒れを防ぐためにゴム手袋をして、焦げ付き汚れ用の固いスポンジなどでこすって汚れを落とします。

 

落としきれなかったら、もう一度煮込んで、同じ作業を繰り返します。ガスレンジの五徳や汁受け、魚焼きグリルの受け皿も、焦げ付き汚れ以外は、同じ要領でキレイにすることができます。

 

フライパンの外側をキレイにする?

フライパン類の外側は、強力な焦げ付き汚れになっていることが多いです。ワタシのフライパンも、焦げてます。外側だから、気にならなければそのままで。どうしても落としたいときは、フライパンそのものを焼いて落としますが、テフロン、マーブルなどの表面加工は熱に弱いので、汚れが落ちるときに表面加工も取れてしまいます。焼いて汚れを落とせるのは、鉄製のフライパン類だけです。

 

ガスレンジで作業すると、ガスレンジが熱くなって危険なので、焚き火をして、大量の真っ赤に焼けたオキ、炭火のような状態を作っておいて、突っ込みます。焦げ付き汚れが燃えてしまうのを待ち、そのまま冷まします。熱いうちに水をかけると、変形してしまうことがあるので気を付けましょう。

 

あとは、ふつうにスポンジで洗い、火にかけて油をよくなじませておきます。

 

  • 「キッチンを整然と片付けるコツ」に続く
  •  

    お気に入りに追加

    プライバシーポリシー


    ホーム RSS購読 サイトマップ
    片付かない本当の理由 大掃除のコツ 掃除道具 片付け図書館 片付けQアンドA