片付けるコツ

ゴミ・不要品が大量すぎてゴミの日に出せません

大掃除が気になる暮れが近付き、本格的に寒くなる前にゴミと不要品の処分だけでも済ませてしまおうと思い立ちました。要るもの、要らないものを分け始めましたが、ゴミや不要品が大量で、どう考えてもゴミの日に出せる量ではないことに気付いて、手が止まってしまいました。

 

大きくないマンションに住んでいるので、ゴミはマンションの近くのゴミ収集場所に運んで出さなくてはなりません。私が出したゴミだけで、ゴミのかごがあふれてしまいそうだし、ゴミを出しているところを見られたら、あやしまれそうです。

 

何回かに分けて出すことも考えましたが、いったい何回かかるか、暮れまでに全部出せるか、と考えるといやになります。ゴミの分別も、よくわからないものがたくさんあるんです。粗大ゴミって、どこから粗大ゴミなんだろう、とか。溜めてしまったのは自分ですが、こういうときのゴミ処分の手段はどうすればいいんですか?

環境課に相談してみましょう

せっかく思い切って片付け始めたのに、不要品、ゴミの処分に迷って手が止まってしまうのはもったいないですね!どうしましょうか。

 

ゴミの処分には、市町村や区が管理するゴミ収集場所に出して持って行ってもらう他に、同じく市町村や区が管理するゴミ処分場に持ち込む、という手段もあります。

 

もし、Yさんが車をお持ちなら、その車で、車をお持ちでないなら、誰かに車を借りて処分場まで運ぶ、というのはどうでしょう?

 

ゴミ処分業者(産業廃棄物処理業者)を探して依頼する、という手段もありますが、かなり高くつくでしょう。ゴミの処分は、ふつうは「ただ」か、ただ同然でできるような気がしますが、じつはとても経費がかかっていて、税金によってまかなわれています。個人が、大量のゴミを出そうとすると、ビックリするような値段がつく、と覚悟しておいた方がいいですよ。ですから、これは最終手段です。

 

まずは、市町村役場、または区役所などの環境課に電話をして、事情を話して相談にのってもらうといいと思います。「引越をするにあたり、持って行かないことにするものが大量にあるので処分したい」というふうに伝えてみてはいかがでしょう。ついでに、分別の基準を説明したプリントか小冊子か何かがあるはずなので、もらっておきましょう。

リサイクル業者にも相談してみましょう

それから、Yさんが不要品だと判断したものの中に、ゴミにしなくてもいいモノも混じっているんじゃないかと思います。

 

本やCD、DVD、それから衣類などは、専門のリサイクル業者がいますし、カラーボックスなどのちょっとした家具も、傷んでいなければ引き取ってくれるところがあります。リサイクル業者をさがして電話して相談してみると、引き取りに来てくれるところもありますよ!上手に利用しましょう。

 

何がなんでも捨てるのだ、と思わなくても、処分しよう、と思い立って行動を始めたんですから、必ず近いうちにすっかり片付きます。心配しないでコツコツ作業を進めましょう。

 

もし、最終的にゴミ処理業者に処分を依頼することになったとしても、ゴミの量が少なければ少ないほど、安く処分できるわけなので、ゴミの日にはせっせとゴミを出しましょうか。できる範囲でOKですから!

 

がんばれ〜!

 

安く不要品処分ができますように!

 

スポンサード リンク

お気に入りに追加

プライバシーポリシー


ホーム RSS購読 サイトマップ
片付かない本当の理由 大掃除のコツ 掃除道具 片付け図書館 片付けQアンドA