片付けるコツ

壁にカビが生えてしまったら?

壁に黒いカビが生えているのを発見しました。最初に発見したのは子ども部屋の二段ベッドの横の壁で、よく見たら、勉強机がくっついている壁にもカビが生えてしまっています。どうやって落としますか?落とせますか?カビの予防は、どうすればいいですか?

壁のカビ落とし

壁にカビが生えてしまうことがあります。タンスの陰になっていた壁が、定番中の定番で、洗面室や脱衣室のちょっとした物陰、ということもあります。カーテンの陰になる場所にも、押し入れの中の壁にも、カビが生えることがあります。

 

壁の材質は何でしょうか?もし、ビニールクロスを張ってあるのでしたら、水拭きが出来るかもしれません。試しに、濡らした布で目立たない場所を拭いてみましょう。水が染みていくようなら、残念ながら水拭きは出来ません。水をはじくなら、ラッキー!水拭きで掃除が出来ます。

 

カビの程度によりますが、カビの胞子をまき散らしてしまわないように、汚れを塗り広げてしまわないように、気を付けて掃除をしましょう。固く絞った布やスポンジでカビを拭き取るのが基本ですが、びしょ濡れの布やスポンジは、カビを喜ばせることになるので注意が必要です。

 

それでも落としきれないなら、湿らせたメラミンスポンジで優しくこすってみる、一度よく乾かしてから、消しゴムでこすってみる。

 

それでもダメなら、カビ取り洗剤を使います。必ず換気をしながら、目立たないところで試してみてから本格的に取り掛かります。カビが落とせたら、しっかり水拭きをして洗剤成分を拭き取っておきましょう。

 

部屋の換気をするか、扇風機の風を当てたり、除湿機やエアコンで除湿をかけるなどして、カビが生えていたところをよく乾燥させます。

 

もし、布クロスや紙クロス、合板の壁の場合は、濡らして掃除をすることが出来ません。乾かして、柔らかめのブラシでカビを落とします。カビの胞子をばらまかないように気を付けて‥‥漆喰の壁も同じです。消しゴムが効果的な場合があります。聚楽壁などの塗り壁は‥‥残念ながら、お手上げです。

 

どの素材の壁でも、カビが壁材の中にまで入り込んでいるような場合は、残念ながら‥‥専門業者に依頼して、壁を貼り替える、または塗り替えることになってしまいます。

 

カビの予防には

カビを予防するには、とにかく湿気対策です。お風呂場の場合には、出入り口を開けたままにして、365日24時間、換気扇を回しっぱなしにするのが、カビ予防の基本です。他の部屋でも、換気扇があるなら、換気扇を利用して部屋の空気を動かすことで、湿気がよどんでカビが生えるのを防ぎます

 

加えて、お部屋の壁なら、家具を壁にくっつけて置かないように工夫することと、お天気のいい日には窓を開けて風を通すことを心がけましょう。

 

洗面室や脱衣室、押し入れの中などの狭い空間は、空気がよどんで湿気が溜まりやすいので、ときどき扇風機を使って強制的に空気を動かしてあげると効果的です。いずれの場所にも、モノをぎっしり置かないようにして、空気の通り道も確保してあげましょう。

 

また、カビを落とした後の壁は、消毒用エタノールで拭いておくと、またカビが生えるのを抑制する効果があります

 


消毒用 エタノールA 100ml

 

一度カビが生えてしまったところは、カビが生えやすい条件が整った場所なので、せっかくカビを落としても、そのままにしておくと、またカビが生えてしまいます。換気の工夫と、家具などの置き方を工夫することで、またカビが生えてしまうのを予防しましょう!

 

冬には、暖房器具を使うことで結露が発生し、夏とは違う場所にカビが生えることがあります。結露しやすい場所を見つけたら、こまめに結露を拭き取ることと、除湿機やエアコンの除湿機能を利用して湿度を下げることで、カビの予防が出来ます。

 

室温が高くて、外気温との温度差が大きいと、結露が発生しやすくなります。暖房温度は控え目に設定することが効果的です。

 

窓が結露するのが当たり前の地域で、家を新築するなら、二重サッシにすると相当結露を防ぐことが出来ます。

 

 

スポンサード リンク

お気に入りに追加

プライバシーポリシー


ホーム RSS購読 サイトマップ
片付かない本当の理由 大掃除のコツ 掃除道具 片付け図書館 片付けQアンドA