片付けるコツ

レンジフードの掃除

スポンサード リンク

 

レンジフードって掃除するの?

 

レンジフード掃除は、なかなか手の出せない掃除の代表格ですね〜。レンジフードって、掃除しなきゃいけないの?そうですね〜、年に2回ぐらい?1回でもいいかな?レンジフードも、たまに掃除をするとさっぱりして、なかなか気分がいいですよ。思い切ってやってみましょうか。

 

レンジフードには、いろいろな種類があります。一番掃除がしやすくて、掃除のしがいがあるのは、ステンレス製のレンジフード。上手に掃除すると、新品同様の輝きを取り戻します。掃除で傷を作らないように、掃除道具を選び、洗剤の種類にも気を遣えば、かなりの年月に渡って新品のような輝きを保ってくれます。だからステンレス製レンジフードが一番好き。レンジフードに限りませんけどね、壁面なんかも、ステンレス製だと、お手入れ次第でホントにキレイに保つことができます。

 

塗装してあるレンジフードは‥‥ここだけの話ですが、あんまり好きじゃありません。ものがレンジフードですから、主な汚れは調理中に換気扇によって吸い上げられた油煙に含まれる油脂です。

 

塗装面に付着した油を長時間放置すると、油が酸化して‥‥どういう具合でそうなるのか、塗装を浮き上がらせてしまいます。レンジフード全体にこびりついた油が酸化していると、掃除をすることで、レンジフードの塗装があちこち剥げてしまうことになります。

 

これは、どの洗剤を使っても同じです。かなり悲しいです。せっかくレンジフードを掃除してさっぱりピカピカにしようと思ったのに、塗装ハゲちょろ。

 

もし、塗装が剥げてしまったら、ホームセンターへ行って、似た色の塗料スプレーを買ってきて、シューってやるしかないんですが、塗料が回りに飛び散ると、取り返しの付かない事態に発展しかねません‥‥やっぱりやめときましょうか、塗装の場合は、レンジフード掃除は。見なかったことにして‥‥

 

 

ステンレス製レンジフードの掃除

その点、ステンレス製レンジフードなら、そんな心配は要りません。ひたすらキレイにすることを考えて掃除をすることができます。極力傷を作りたくないので、柔らかいキッチン用スポンジと、メラミンスポンジ、ふき取り用のぼろ布、仕上げ用に古タオルを用意します。レンジフードは、落としたい汚れの主体が油脂類、つまり酸性の物質なので、アルカリ性の洗剤で汚れを落とすことができます。

 

泡立つタイプのアルカリ性洗剤、いわゆる「住まいの洗剤」がいろいろありますが、じつはこの場合、泡立ちは必要ないんです。必要ないどころか、泡がじゃま。水で洗い流せないから、拭き取りを繰り返して洗剤分を取り除くことになるんだけど、これが大変な手間と根気が要求される作業になってしまうから、今回も泡はナシで。

 




すっきり炭酸ソーダ

 

 

泡立たないレンジフード用洗剤

そのかわりに、いつもの炭酸塩を使います。バケツにぬるま湯を入れて、炭酸塩をカップ1/4ほど加えて溶かします。手荒れ防止に、念のためゴム手袋をして、キッチン用スポンジをひたして、絞ります。そのスポンジで、レンジフード全体をこすり、スポンジをバケツにひたして絞りながら、炭酸塩を溶かした水をまんべんなく塗りつけていきます

 




すっきり炭酸ソーダ

 

一周したら、振り出しに戻って、こすります。汚れが浮いてくるので、ぼろ布で拭き取ります。それでも汚れが落ちていない場所があります。もう一度、スポンジをバケツの炭酸塩溶液にひたして絞り、こすります。

 

メラミンスポンジも使ってください。汚れが古くなって固まっていると、落としにくいですが、金属のたわしなどを使うと傷を付けてしまうので、使いません。プラスチックの定規がありませんか?プラスチックなら、ステンレスよりもだいぶやわらかいので、傷をつけるキケンが減ります。

 

やさしく汚れを削ってから、スポンジでこすってみてください。落ちましたね?最後に、古タオルを濡らして絞り、2〜3度拭いて炭酸塩を拭き取れば、レンジフード掃除の完成です。ピカピカでしょう?顔が映るでしょう!?お疲れさまでした!

 

 

お気に入りに追加

プライバシーポリシー


ホーム RSS購読 サイトマップ
片付かない本当の理由 大掃除のコツ 掃除道具 片付け図書館 片付けQアンドA