片付けるコツ

クエン酸でトイレ掃除

スポンサード リンク

 

クエン酸の効果

 

トイレ掃除が苦手、とよく聞きます。水洗トイレや、洋式便器が普及してから、まだそれほど時間が経っていないので、「正しいトイレ掃除のやり方」は、まだ確立されていなくて、効率のいいトイレ掃除のやり方や、正しい薬剤の使い方、道具の使い方などもまだ普及していません。誰かからトイレ掃除のやり方を教えてもらった、という人は少ないと思います。

 

だから、トイレ掃除が苦手なのは当たり前です、大丈夫。すぐ得意になりますから。

 

トイレ掃除にも、とくべつな洗剤を用意する?いえいえ、洗剤の種類を増やして、半端な在庫を増やしたくないので、クエン酸でやっちゃいましょう。クエン酸は、他にも石けんシャンプーの仕上げや、洗濯の仕上げ、水垢落としや、湯沸かしポットの洗浄、化粧水作りにも使いますから、無駄になりませんし、在庫の種類を増やしません

 

クエン酸がトイレに効く理由

クエン酸がトイレ掃除に効果を発揮するのは、クエン酸が酸性だからです。酸性、と一口に言ってもいろいろありますが、塩酸や硫酸などの強酸性の薬品は、薬品火傷を起こすほど強力で、うかつに扱うと危険な劇薬なので、なるべくならば使いたくありません。サンサンサンが効く、という、あれは塩酸です。

 

クエン酸は、食品にも含まれる酸性物質で、時には食品添加物にもなります。適度に薄めて掃除に使う分には、ほとんど危険はありません。

 

そんな理由から、ナチュラルクリーニング愛好家の間では、トイレ掃除にクエン酸を使うのが常識になっているようです。ナチュラルクリーニングというのは、石けんや重曹を使いこなして、少ない種類の洗剤で家中スッキリ!というやり方のことです。石けん、重曹、クエン酸で三点セットみたいによく使われます。 

 

それにしてもなぜ、トイレ掃除にクエン酸を使うのでしょう?その理由は、トイレに特有の汚れが、アルカリ性の汚れだからです。トイレの衛生陶器の、ふだん目に付きにくい場所に、尿石‥‥白〜茶色の、石のように固くて、ちっとやそっとじゃ取れない汚れがありませんか?それが尿石と呼ばれるモノです。クサイです。臭いニオイの元です。トイレが臭いのってイヤですよね〜。トイレだからこそ、全然臭くない、むしろかすかにいい匂いがする〜、のが理想的ですよね。 

 

たとえば酸性の汚れ、キッチンの油汚れだとか(油脂は脂肪酸)、衣類の皮脂汚れは、アルカリ性の石けんや炭酸塩、場合によっては苛性ソーダを使い、化学反応を利用して、ゆるめて落とすことが出来ますが、同じ理屈で、トイレの尿石など、アルカリ性の汚れは酸性で化学反応をおこして、ゆるめて落とすことができます。トイレの汚れの主犯格は、アンモニアや尿石などのアルカリ性ですから、トイレの掃除には酸性洗剤、そしてクエン酸が効果を発揮するのは、そこに根拠があるのです。

 

クエン酸のトイレそうじでの使い方

クエン酸を小さじ1杯(およそ5g)、200ccの水に溶かして使います。

 

スプレーボトルが便利なので、適当なスプレーボトルに入れて使うといいでしょう。ちょうどいいスプレーボトルがなければ、百円ショップで売っているのでじゅうぶんですから、一本用意してください。

 

トイレの床や壁などに、シュッシュッとスプレーして、水で濡らして絞った雑巾などで拭き取ることで、アンモニアを中和して、臭いの元を退治しましょう。衛生陶器と床の境目も、ニオイの元になっていることがあります。新築やリフォームの際は、この境目をコーキングしてもらうと、後々、掃除も楽で、清潔を保ちやすくなります。

 

手洗いタンクは、水垢が溜まりやすいところです。もし、手洗いに白くてガリガリした汚れがついていたら、それが水垢です。ガリガリレベルになると、クエン酸だけでは残念ながら歯が立ちませんが、ザラザラする程度の水垢なら、ティッシュペーパーを置いた上から濃いめのクエン酸溶液をかけて、ラップで覆って一晩放置します。ティッシュとラップを外して、そこに重曹を振りかけて、アクリルたわしでこすってみましょう。一回でキレイにならなければ、もう一回。

 

陶器製の手洗いなら、メラミンスポンジが使えます。でも、樹脂製の手洗いの場合は、メラミンスポンジでこすると細かい傷をたくさん作ってしまい、かえって汚れが付きやすくなってしまいます。樹脂製品をこするときは、必ずアクリルたわしを使いましょう。洋式の便座とフタも樹脂製のことが多いので、メラミンスポンジは使えません。アクリルたわし、またはマイクロファイバークロスを使いましょう。

尿石をクエン酸で落とす

衛生陶器の尿石には、薄いクエン酸溶液ではなく、専用に濃いクエン酸溶液を作って掃除します。

 

空き瓶やペットボトルなど、適当な入れ物にクエン酸を大さじ2杯ぐらい入れ、水をカップ半分ぐらい入れて溶かします。尿石がこびりついているところに、ティッシュペーパーを貼り付けて、濃いクエン酸溶液をたっぷりかけて、一晩ぐらい放置します。すると、汚れがはがれやすくなっていますから、固いブラシか、鍋洗い用ぐらいの固いスポンジでこすると、尿石がポロポロはがれて、気持ちいいほどつるつるぴかぴかに復活します。 

 

陶器部分にしか使えませんが、最終手段も書いておきます。もし、クエン酸で汚れをゆるめても落とすことができなかったなら、最後の手段です。ホームセンターへ行って、耐水サンドペーパーを買ってきてください。なるべく目の細かいもの、1200番〜1500番がいいです。小さく切って、液体せっけんをつけるか、固形石けんをなすりつけて滑りをよくしてから、ガリガリするところをやさしくこすってみてください。冬季を傷つけないように、汚れだけをこするようなつもりです。落ちましたね?あとは水洗いして拭いておきます。ツルピカになったでしょう?

 

また、トイレ室内には、パイプ類などのメッキをされた金属の部品がたくさんあります。それらにクエン酸がついたまま放置すると、錆びてしまいます。クエン酸で掃除した後には、金属部品は必ず水拭きをキッチリしておきましょうね。不安なら、炭酸塩か重曹を溶かした水を使って中和しておきましょう。

 

毎日のお掃除には、クエン酸溶液ではなくて、アルコールの方がいいです。消毒用エタノールの80%のを買ってきて、さらに水を少し足して、60〜70%の濃度で使います。、小さいスプレーボトルに入れ、トイレに常駐させておきます。もし、ミントやレモン、ユーカリなど、お好きなアロマオイルがあったら、ほんの少し加えます。汚してしまったら、そこにシュッシュッとスプレーして、ぼろ布かトイレットペーパーで拭き取って掃除します。これなら金具類を錆びさせることもないので安心です。

  • 「便秘解消に片付け!?」に続く
  • お気に入りに追加

    プライバシーポリシー


    ホーム RSS購読 サイトマップ
    片付かない本当の理由 大掃除のコツ 掃除道具 片付け図書館 片付けQアンドA