片付けるコツ

パソコンを捨てる

スポンサード リンク

 

パソコンを捨てるときは

 

パソコンを入れ替えるときには、データの引っ越しが必要なので、一時的に旧パソコンと新パソコンが同居して、データの引っ越しが済んだら、いよいよ旧パソコンを捨てることになります。

 

パソコンを捨てるとき、気がかりなのは残っているデータのことですね。パソコンを捨てる前に、パソコンからデータを消すのは簡単でしょうか。メールとワープロにしかパソコンを使わない初心者でも、データの消去は出来るでしょうか?

 

要らなくなったパソコンに、残ったデータが悪用されないようにするために、いっそのこと、パソコンを物理的に破壊してしまう、という荒技も‥‥破壊してしまえば、確かに確実ですが、パソコンをゴミとして捨てる場合はともかく、下取りに出す場合には、破壊という荒技は使えません。パソコンを破壊しないで、HDDを取りだし、それだけを破壊、というのは、さらにむずかしそうです。 

 

素人としては、「全部ゴミ箱に捨てたからOK」または「大事なデータは全部削除したから、大丈夫」だと考えるんですが、じつは削除しても、ゴミ箱に捨てても、HDD上のデータそのものがなくなるわけではありません

 

「削除」は、「ここはもう要らないから、上書きしちゃってもいいでーす」という意味なので、上書きされていない状態では、ちょっと専門的な知識があれば、データを復元出来てしまうそうです。気持ち悪いですね〜。たとえばアドレス帳などのデータが他人に悪用されかねない、と考えると、「削除」しただけで、パソコンを捨てるわけにはいきませんね。パソコンを捨てる前に、データを復元出来ないように消去する必要があります。 

 

専門知識のない一般人が、データを復元出来ない状態に消去してからパソコンを捨てるには、専用のソフトを使うのが、一番簡単です。データを復元出来ないようにするソフトは、無意味なデータを書き込むソフトです。不要なデータを復元できないように削除するには、「ここ、上書きしていいです」になっている場所を、無意味なデータで上書きするのが確実で、専用のソフトがあれば、初心者でも簡単に出来ます。フリーソフトもありますから、「消去ソフト」で検索かけてみてください。

 

不要パソコンの廃棄

家庭で不要になったパソコンの廃棄は、製造業者に連絡すると教えてくれます。

 

製造業者がわからない場合には、(社)電子情報技術産業協会のサイト、パソコン3R推進センター(http://www.pc3r.jp)で調べるか、お住まいの自治体のゴミ収集課などに連絡すると、どうすればいいか教えてもらえます。

 

平成15年10月1日以降に製造販売されたパソコンには、リサイクルマークがついています。平成15年10月1日以降に買ったパソコンなら、無料で引き取ってもらうことが出来るわけです。

 

それ以前のパソコンで、リサイクルマークのない場合は、デスクトップパソコンの本体、ノートパソコン、液晶ディスプレイ、液晶ディスプレイ一体型パソコンは3150円、CRTディスプレイ、CRTディスプレイ一体型パソコンは4200円の回収・再資源化料金(消費税込み)を支払って引き取ってもらいます。 (2008年11月現在)

 

もしも、新しいパソコンを買ったときに、下取りしてもらえなかったパソコンでも、リユース、リサイクルを前提として、無料で引き取ってくれる業者もあります。「無料にて〜、無料にてお引き取り〜」と流しているのを聞いたことがありませんか?アレです。そのような業者にパソコンを引き取ってもらう場合にも、その前にデータの消去を、確実に行っておく必要があります。

 

メンドクサクなってそのまま放置してはいけません。どんどんメンドクサクなって、何年もそのまま放置される羽目になりかねません‥‥部屋は狭くなり、かなり目障りです(経験者)。データ消去と廃棄手続きは、データの引っ越しが終わったらすぐに、頑張ってやっちゃってください。 

 

  • 「クエン酸でトイレ掃除」に続く
  •  

    お気に入りに追加

    プライバシーポリシー


    ホーム RSS購読 サイトマップ
    片付かない本当の理由 大掃除のコツ 掃除道具 片付け図書館 片付けQアンドA